傷だらけの車を売る際に知っておきたいポイントとは?

いくら大事に乗っていても、車には細かい傷などがついてしまうものです。
いつのまにか目立つほどの大きな傷がついていることもあります。
そんな車を売ることになったら、ワックスやコンパウンドで磨いてみましょう。
本当に小さな傷であれば、コンパウンドで目立たなくさせることは十分可能です。
その時に注意したいのが、ボディと異なる色の修理キット、例えば便利なカラータッチペンなどを使用しないということです。
傷が余計目だってしまうので、査定にマイナスになってしまいます。

 

とはいえ、長く乗っていれば多少なりとも傷はついてしまうものです。
売るつもりの車が古い型式のものなら、査定スタッフも細かいものに関しては配慮してくれるので、それほど査定に響くことを心配する必要もないでしょう。
修復方法に不安がある方は、あえて何もしないことが懸命なこともありますので、柔軟な対応で判断するように心がけ、少しでも高額な買取りを目指しましょう。

 



車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】