車を個人で売るリスクとは?

近ごろでは、これまで乗っていた愛車を売却して、新車を購入する人が増加してきています。中古車を売るための専門の業者を通して売却する方法もありますが、個人で売る場合もあります。個人で車を売る場合には、中古車の購入を希望する人と直接交渉する必要がありますので、トラブルが起こるリスクもあります。
例えば、汚れやキズなどがあった場合には、クレームが後から寄せられることもあります。値引きを求めてくることもありますので、後々トラブルとならないように、十分注意する必要があるのです。そのためには、事前にしっかりとした取り決めをしておくことが重要です。後になってクレームをつけないような誓約書を書いてもらうなど、慎重に対応することによって、お互いに安心して売買を行うことが可能です。
このように、個人での売買行為は、ある程度のリスクを伴いますが、注意点に気を付けて行うことで、売却価格を自由に設定できますし、安全な手段となります。

 

 



車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】