車を修理してから売るのはトクする?損する?

車を売る時には、需要や新しいものであるかなどが高値で売れる条件になりますが、より高く売却したい時には、車をできるだけ綺麗な状態にしておくことも大切となります。
車は利用していると大なり小なり傷がつきます。この場合には、車を修理してから売る方のが高値がつくのではないかと考える人も多いことでしょう。
基本的には、修理してから売る方のが高くなることが多いです。しかし、修理の仕方や費用によっては行わない方のがよい場合もあります。
小さな傷を修理するのに市販の補修ペイントなどを用いる人もいるでしょうが、所詮素人の技術による補修ですので、却って買取価格が下がる可能性があります。小さな傷程度ならそのまま査定してもらった方がよいでしょう。
また、大きな傷を整備工場で修理してもらうと、修理費がかかってしまい、売却価格を上回ってしまう恐れがあります。大きな傷や凹みなどは買取業者自身が持つ整備工場の方が安くすむ場合がありますので、そのまま査定をお願いした方が得な場合があります。

車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】