車を売るなら下取りよりも買取の方が高いって本当?

昔は車を買い換える時に今まで乗っていた車をディーラーに下取りに出す人が多かったのですが、最近では中古車販売会社に売るほうがはるかに高い値段で買い取ってもらえる事が知られるようになって、下取りより買取を選ぶ人が増えてきました。
ディーラーの下取り価格が安い理由の1つに販売網が少ないという事があげられます。新車販売を主としているので中古を売る事が得意ではなく価格も安くなります。
一方の中古車販売業は全国に販売網をもっており、欲しいという人を幾らでも見つけることができます。また査定額もオークション価格を基にしているので、より高い値段をつけられるのです。中には下取り価格と10万円以上高値がつく場合もあります。
さらに部品販売もしているので状態が悪いものや動かないものでも売る事ができます。
買取に出す場合は会社によって査定額に差があるため、複数の会社から見積もりを取ることでさらに高い値段で売ることができます。

車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】

 

下取りよりも一括査定で売る方が高い理由

車を下取りに出すよりも、なぜ一括査定の方が高く車を売ることができるのか?

 

車を売る買取店を1つに決め交渉を進めていく場合、売り手側はどうせなら高く売りたいと、その業者の営業マンを相手に買取額の値上げ交渉をします。
逆に買い手側である車買取店は、なるべく安く買い叩こうと様々な罠を張り巡らせ駆け引きをしてきます。
お店としても商売をしているわけですからこれは当然の動き。
ですので、いくら店頭で高価買取をうたっていたお店だとしても、相場を大きく超えるような高い売却額は実現しにくくなっているのです。
これは、売り手と買い手が1対1だからこそ生まれてしまう、いわば取引上の優劣関係で、そもそも車売買取引の経験値が全く違いますから、車を売る側は不利な状況で交渉を進めざるをえないわけです。
例を1つあげると、車を新たに購入する際にそれまで乗っていた車を下取りに出すようなケースは、この取引上の優劣関係をモロに受けてしまうパターンといえるでしょう。

しかし、車の一括査定を利用した場合は、この取引上の優劣関係をまったく気にせず、むしろ売り手側にとって有利な状況で売却交渉を進めることができます。
なぜなら、買取側が複数いることで業者間の買取競争が生まれ、他の業者よりも高い査定額を出さなければ買取ることができず、一方的に安値で買い叩くといったことができなくなるためです。