車を売る際に必要な書類について

査定を受けるだけであれば必要はありませんが、車を売る事が確定し手続きを進めていく段階では様々な書類が必要になってきます。ここではその必要書類について解説します。

自動車検査証


いわゆる「車検証」です。その車の所有者や使用者を公証したり、自動車保安基準に適合しているかを証明する公文書になります。自動車を運行する際は必ず携帯することを義務付けられており、自動車検査証を携行せずに運行すれば罰金を課せられます。車検が残っている車を売る場合などに必要なので、紛失や盗難時は陸運局で再交付してもらいましょう。

自賠責保険証


自賠責保険証は車の持ち主が必ず加入しなければならない強制保険の加入証明書になります。正式には「自動車損害賠償責任保険証明書」です。自賠責保険は車検有効期間をカバーしていなければならなく、車検が残っている車を売る際に必要になります。よって自賠責保険証が無い・期限が切れている等の場合は車検が残っている車は売ることができません。紛失や盗難時は加入している保険会社で再交付してもらいましょう。

自動車税納税証明書


自動車税納税証明書は自動車税が適正に納付されているかをチェックするための証明書になります。車を売る際の名義変更手続きで必要になります。軽自動車やバイクに関しては「軽自動車税納税証明書」となります。紛失や盗難時は各都道府県の運輸支局内にある税事務所で再交付してもらいましょう。

委任状


車を売る際に名義変更手続きを買取店やディーラーに任せるために必要な書類です。委任状はお店側で用意しているので実印で署名捺印すればOKです。

譲渡証明書


車の譲渡を証明する書類になります。譲渡証明書はお店側で用意しているので実印で署名捺印すればOKです。

実印


車を売る際の委任状や譲渡証明書に捺印するために必要です。市区町村へ登録されている「実印」を準備しましょう。

印鑑証明書


委任状や譲渡証明書に捺印する印鑑が市区町村に登録された実印であることを証明する書類です。各市町村役場にて数百円程度で簡単に登録することができます。

住民票


自動車検査証と印鑑証明書に記載された住所が違う場合に必要になる書類です。この他にも住民票の除票や戸籍謄本の附票、戸籍抄本や謄本が必要になるケースもあるので、車を売る際に買取を依頼するお店やディーラーに確認してみましょう。

リサイクル券


自動車リサイクル料金を預託していることを証明するのがリサイクル券になります。これもまた車を売る時に必要な書類です。紛失時などは自動車リサイクルシステムホームページで自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトして代替しましょう。

所有権解除書類


ローンを組んで購入した車で自動車検査証の所有者の欄がローン会社や販売店・ディーラーなどになっている場合に必要な書類です。詳細に関してはこちらで解説します。残ローンのある車の売却|所有権解除書類

書類手続きの手間を減らし高く車を売る

車を売る場合は上記の中の必要書類を用いて手続きを進めていくことになります。

直接友達に車を売る場合やインターネットオークションなどを使って個人取引をする場合は、名義変更などといった諸手続きを全て自力でやらなくてはいけません。
ですので自分一人で車を売買したことがない方にとっては、少々ハードルが高いなと感じます。

もしそういった売り方をする必要がないのであれば、大手買取店や買取専門ディーラーに売る事をおすすめします。
面倒な手続きを代行してくれるところがほとんどですし、個人売買で危惧されるトラブルや取引詐欺を回避することができます。

また最近では、複数の買取店が提示する見積額を同時に比較して、最も高い買取店に車を売ることが可能な一括査定という無料のサービスもあります。

おすすめの一括査定サービス

この一括査定を利用すれば、売却時の面倒な手間とトラブルリスクを防ぎつつも、愛車の最高買取額を狙うことができます

高く売れる買取店を探しているのであれば、使用して損のないサービスです。

車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】