売買契約解除に関するトラブルとは?

車を売る時によく発生する問題するトラブルとして、売買契約解除に関するものがあります。
これは、一度は車の売買契約が成立したのに、その後で何らかの事情で契約が解除されるというものです。
車の売る人間に問題がある場合もありますし、買い手に問題があることもあります。
この売買契約解除のトラブルで最も多いのは、やはり売り手の嘘の申告でしょう。
これは車の重大な欠陥について、査定時にそれを黙ったまま申告しないことです。
本来、車の瑕疵については必ず買取業者に申告しなければならず、もし申告しないなら売買契約が解除される取り決めになっています。
しかし、売り手の中にはそれがバレなければ大丈夫だと思って、申告しないまま契約を締結させてしまう人がいるのです。
そこでここがトラブルの要因となってしまうのです。
また、故意に申告しない人だけではなく、申告の約束を知らずに契約を締結させる人もいるかもしれません。
このような場合は、故意ではありませんが、それでも契約内容では申告の必要性が明記されてありますので、瑕疵が見つかった時点で契約解除されてしまう可能性があります。
こうした売買トラブルがあることを、ぜひ知っておいてください。

車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】

関連ページ

所有権解除に関するトラブルとは?
所有権解除に関するトラブルについてまとめました。
車の買取金額に関するトラブルとは?
車の買取金額に関するトラブルについてまとめました。
ネットオークション取引きに関するトラブルとは?
ネットオークション取引きに関するトラブルについてまとめました。
車の個人間売買に関するトラブルとは?
車の個人間売買に関するトラブルについてまとめました。