車の個人間売買に関するトラブルとは?

車を個人間売買で売り買いをする際にトラブルが起こることがかなりあるようです。個人間売買で注意したいトラブルとしては、金銭のやりとり、税金、名義変更に関するものが多いようです。これらのトラブルは注意したいポイントでもあります。車を売る際には必ず現車を確認してからやりとりが始まりますが、その際、トラブルになりそうなポイントについては必ず売買を確定する前に確認することが重要です。特に名義変更については時間がかかることもありますし、車庫証明が取得できることを必ず確認したいところです。証明が取れない場合でも売買は可能ですが、名義変更ができなためその間、税金の支払い、もしくはすでに支払った税金の払い戻しについては確認しておかないと問題となることが多いようです。また、お金を支払うのが前払いなのか、後払いなのかも決める前に現車確認をしてから交渉することをおすすめします。中古の場合はオークション等で売る場合には写真確認のみで決めて問題になることが多いので事前確認はとても大事です



車売るならどこがいい?車を高く売る方法【完全ガイド】

関連ページ

売買契約解除に関するトラブルとは?
売買契約解除に関するトラブルについてまとめました。
所有権解除に関するトラブルとは?
所有権解除に関するトラブルについてまとめました。
車の買取金額に関するトラブルとは?
車の買取金額に関するトラブルについてまとめました。
ネットオークション取引きに関するトラブルとは?
ネットオークション取引きに関するトラブルについてまとめました。