車を売るならディーラーはやめておけ!

ちょっと過激なタイトルになってしまいましたが、車を「高く売る」ならディーラーはちょっとオススメできません。
ディーラー下取りがオススメできない理由としての以下の4つのデメリットがあります。

 

デメリット1.買取金額の競争が生まれない
オークション取引や中古車買取店に売却と違い、ディーラー下取りは買取金額の競争が生まれません。
ディーラーと売却依頼側の閉ざされた1対1の取引により、買取額が高まりにくくなりやすためです。

 

デメリット2.新車値引き額に上乗せされ実際の下取り額が曖昧になりがち
新車購入の際の交渉がディーラーペースになってしまい、新車値引き額との関係で実際の下取り額がものすごく安くなってしまう、ということがあります。
交渉事が苦手という方は、満足いく下取り額を得にくくなってしまうので、この点は非常にデメリットといえるでしょう。

 

デメリット3.他社の車を下取りに出す場合、査定額が下がる傾向がある
他社の車を下取りに出すと査定が下がることは少なくないです。
例えば、N社の新車を購入するためにN社のディーラーに行きT社の車を下取りに出した場合、査定が安くなってしまう危惧があるということです。
ですので他社のメーカーの車に乗り換えたい、という方はディーラー下取りはおすすめできません。

 

デメリット4.社外パーツなど純正部品以外のパーツはプラス査定されない
社外パーツをはじめとして、純正部品以外の部品・パーツというのは沢山あります。
改造パーツやドレスアップパーツなどがそうですね。
こういったそのディーラー(自動車メーカー)の純正部品でないものはプラス査定されないと言われています。
せっかく高価なパーツを装備していても査定額がアップしないのは大きなデメリットですね。
こういった社外品であってもしっかりと評価され、査定額に反映される売り方をしたいところです。

 

※ディーラー下取りとは新車買い換え時に、今乗っている車を新車ディーラーに引き取ってもらうことをといいます。
ディーラーに売るというのはこのディーラー下取りのことを指しています。

 

ディーラーよりも高く売る方法とは?

まず車を売るにはディーラー下取りの他に以下の2つの方法があります。

 

1.オークション取引
2.中古車買取店に売却

オークション取引

オークション取引とはネットオークションなどに自分で出品して売買取引を行なうことです。

ディーラー下取りに比べてオークションは個人取引であるため、高く買取ってくれる人が見つかる可能性もありますが、詐欺や金銭トラブルのリスクがつきまといます。
またオークションでの売却に関わる諸手続きは非常に複雑で、自分一人で車の売買をするのが初めてという方にとっては、かなりハードルが高い部分であると言えます。
上記をまとめると、オークションはディーラー下取りよりも高く売れる可能性があるが、手続きやトラブルリスクもある、という売り方であるということになります。
オークション取引を何度も行ったことがあるという経験者でなければ、あまりオススメできない売却方法です。

中古車買取店に売却

ディーラー下取り、オークション取引、中古車買取店に売却という、車を売る3つの方法のうち最もオススメなのが、この 中古車買取店に売却 になります。
前述のディーラー下取りとオークション取引のデメリットを補っている売り方であるためです。
「中古車買取店に売却」が前述のデメリットで唯一補えていないのが、ディーラー下取りで挙げた 「デメリット1.買取金額の競争が生まれない」です。
1つの買取店でのみ売却交渉をした場合、買取金額の競争が生まれないまま売ることになってしまうからです。
しかし、この「中古車買取店に売却」で、買取金額の競争をかんたんに生む方法があります。
それがこちらの一括査定になります。
ディーラーよりも高く売る一括査定とは?

関連ページ

車を売るならどこがいい?
車を売るならどこに売れば良いのかをまとめました。
車を売るならいつ?
車を売るならいつ、どんなタイミングが最適か?車、中古車が高く売れる時期についてまとめました。
車売るならオークションは危険!?
車をオークションで売るならこれだけは注意しましょう。オークションにはこのような詐欺やトラブルのリスクがあります。